マカナは子供のアレルギーにも効果は期待できるのか?

アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は結構多いのではないでしょうか?

 
身近にアトピー性皮膚炎の人がわりと多くいるんです。

 
最近では、発症する人も増えているらしいのです。

 
では、アトピー性皮膚炎とはいったいどんなものなのでしょうか?

 
調べてみると、アレルギー疾患の一つで皮膚の病気です。


かゆみのある発疹がみられます。

 
乾燥すると強いかゆみがあらわれる人もいるそうです。

 
急性のものでは、赤くなったぶつぶつの発疹や丘疹もみられます。

 
皮がむけてかさぶたになったりした鱗屑もみられます。

 
慢性のものでは、皮膚がかたくなってしまったものもあります。

 
目や口のまわりや首、ひじ、ひざなどの関節の部分や胸や背中、お腹にもあらわれて、それが左右対称のことが多いそうです。

 
こんな症状は大人でも大変なことです!

 
かゆみで勉強もなにも手につかなくなるという話もよく聞きます。

 
薬をぬることしか方法が無いのでしょうか?

 
なかなかこれといって根本的な治療法は無いようなんですね。

 
でも、よくなったり悪くなったりを繰り返しながらでも時間をかけて治っていくのだそうです。

 

 

 

大人でも大変な、このような症状が子供にあらわれたらもっと大変なことです!
強いかゆみがある場合、特に大変になりますね。

 
アレルギー体質の子供にあらわれますが、その子の親さんや親せきの人に花粉症やぜんそくがある場合があります。

 
肌が乾燥している人、いわゆる乾燥肌の人はアレルゲンが侵入しやすくなるといわれています。

 
アレルギーは食事やダニ、ほこり、カビ、化学物質、ストレスなどがもとになっておこります。

 
アトピー性皮膚炎やアレルギーの場合、アレルゲンを取り除くことが第一です!

 
また皮膚や体を清潔にすることや掃除をマメに行い、部屋自体をきれいにする、乾燥させないなども大切になってくると思います。

 
薬はステロイド剤が使われることが多いようです。

 
最近では乳酸菌のL-92が注目されていますね。


食生活でも海藻類や穀類、芋類、根菜類、葉物類、発酵食品などをどんどん取り入れることも良いようです。

 

 

 

皮膚をかきむしらないことや爪を切ること、シャワーなどでいつも体を清潔に保つように心掛けることが大切ですね。

 
小さい子供の場合は、親さんや近くにいる大人がよく気をつけてあげることですね。

 
あせらずあきらめずに治していきましょう。